カードローンの在籍確認で電話連絡は来るのか

急な出費でお金が必要なのに通帳の残高が足りない、もしもまとまったお金が必要になったら出せる貯金がない、そんな経験をしたことがある人もいるでしょう。最近ではそのような場合にカードローンを利用する人が増えてきています。カードローンには銀行系と消費者金融系があり、それぞれに特徴や借りれる上限金額などが異なりますがどちらにも共通して言えることは、必ず審査があるということです。どのカードローンに申し込んでも、聞かれる内容は大体決まっています。名前、住所、電話番号、勤務先、勤務先の住所と電話番号、勤続年数、他社からの借り入れの有無、希望借入金額などが主な内容です。審査を行う前には申し込み者が記入した内容が正しいのかを必ず確認されます。名前や住所を確認するためには免許証や保険証、そして申し出た勤務先に本当に本人が勤めているのかというのを確認するために在籍確認が行われます。その方法は勤務先に電話連絡をして本人が在籍しているかどうか確認するというやり方です。ローンを返済するうえで、申し込み者本人の収入源に関わる内容なので、ローン会社にとっても重要な項目であることは言うまでもありません。ただし、在籍確認が来た時に本人が電話に出なくても問題ありません。仮に他の社員が出たとしても「○○は現在席を外しております」や「○○は今日はお休みをいただいております」と回答した場合でも申し込み者がその会社に勤めているという証明になるので、それが確認できた時点で在籍確認は終了となります。また、最近では在籍確認の電話をかけるときにはローン会社も会社名を名乗らずに個人名でかけてくれます。そのため電話が来ただけではカードローンの在籍確認だと会社にバレることはないでしょう。それでもやはり会社に電話がかかってくるのは抵抗があるという人は、電話でローン会社に相談してみてください。ローン会社によっては社名が入った給与明細や社員証、保険証などで在籍確認を行ってくれるところもあります。