派遣の方がカードローン申し込みする際の注意点

カードローンの基本的な申し込み条件は安定した収入があることです。
特に正社員でなくてはならないといった決まりもないので、派遣社員の方も申し込み対象になっています。
ただし、派遣社員の方がカードローンに申し込む際には気をつけたいことがいくつかあります。
まず、派遣社員の場合、申し込み対象になってはいますが、大企業の正社員や公務員の方に比べれば審査で不利になる属性であることです。
カードローンにはいろいろ種類がありますが、他社に比べて特に金利が低いものになると、審査は厳しめになります。
選ぶのであれば、消費者金融系カードローンやメガバンク系カードローンが無難です。
また、派遣社員の方の場合で問題になってくるのが、在籍確認です。
在籍確認は通常、申し込み時に申告した勤務先に実際に務めているのかを担当者が電話をかけて確認するというものです。
担当者が電話をする際には個人名や銀行名を名乗るので、キャッシング利用ということまではバレませんが、派遣会社の場合、そういった外部からの電話に対応してくれない場合もあります。
個人情報保護の問題があるからです。
在籍確認がうまく行かなければ最悪審査落ちになってしまいますので、カードローンに申し込む際には、あらかじめ派遣会社側に在籍確認に対応してくれるかどうかを相談することをおすすめします。
では、もし派遣会社側が在籍確認に対応できない場合はどうすればいいでしょうか?
その際はカードローン側にその旨を相談してみるとよいでしょう。電話で在籍確認を行う代わりに、社会保険証や給与明細などで在籍確認の代わりとしてくれる可能性があるからです。
また、カードローン会社によって、実際の勤務先に在籍確認の電話をかける場合と、派遣元に電話をかける場合とに分かれます。
1社でダメだったとしても、別の会社なら問題なく利用できる場合も十分ありえます。申し込んでから審査落ちするよりも、あらかじめ電話で相談してから申し込むと良いでしょう。