アルバイトでもカードローンの審査通過するには?

アルバイトの方の場合、カードローンの審査に通りにくいといわれていますが、それはなぜでしょうか。
まず理由の一つとして、「収入が低い」ということがあげられます。
収入が低ければ生活費として出費した後、お金が余る可能性も低いので、お金を貸しても返ってくる可能性が低いと考えられるからです。
また、審査に通しても低めの限度額に設定される可能性が高いです。
理由の二つ目として、「将来的に安定した収入があるかどうか不安」ということです。
比較的長期的に勤務をしていたとしても、アルバイトの場合、正社員の人に比べればこの先もずっと同じ仕事をする可能性が低いとみなされます。
将来的に無職になる可能性がある方にはお金は貸せないと思うのは当然のことでしょう。
上記がアルバイトの方がなぜカードローンの審査で不利になってしまうのかの理由です。
しかし、アルバイトの方でも審査に通過する方もいれば落ちる方もいます。
審査で少しでも有利になる要素とはいったい何なのでしょうか?
アルバイトの方でも審査に通過する方というのは、過去のローン実績に問題が無いという人たちでしょう。
ローン実績というのは例えば、過去のクレジットカード利用の支払い、携帯電話端末の分割払いなどが一般的になります。
今までのそういったローンの支払状況は信用情報機関にデータとして残されています。そして、新規でキャッシングなどの申し込みをする際には銀行や消費者金融は信用情報機関のデータをチェックするのです。
たとえ、「収入が低い」、「勤続年数が短い」といった審査で不利になる要素のあるアルバイトの方でも、信用情報機関のデータ上で問題がなければ、カードローンの審査に通過できる可能性が十分あるということです。
逆にこの信用情報機関のデータ上で、支払延滞、債務整理などいわゆる「ブラック」な状況が残っている場合なら、たとえ大企業の正社員の方であっても審査に落ちる可能性が十分あります。