カードローンの申し込みは勤め先に知られることはないのか

カードローンの申し込みをしようとすると、申し込み書には勤め先を書く欄があります。
となると、カードローンの申し込みが勤め先に知られるのではないかと感じる人がいるかもしれません。その懸念は分からなくもありません。
ただし、先に言っておきますが、だからと言って無職と書いたり、架空の勤め先を書いたりしてはいけません。そんなことをしては絶対に審査に通らなくなります。
さて、勤め先に知られることはないのか気になるでしょうが、実は、カードローン会社から勤め先に対して電話がかかってきます。ますます心配になったかもしれませんが、まず安心してください。これはあくまでもその勤め先に在籍しているかどうかの確認のためだけが目的であって、あなたがカードローンの申し込みをしようとしていることを勤め先に伝えることが目的では決してありません。むしろその逆で、カードローンの申し込みをしようとしていることが勤め先に知られることがないように最大限の配慮をしています。
具体的には、まず、かかってきた電話を自分自身が受けた場合は何の問題もありません。電話に出た人が確かに申込者本人であることを確認してそれで終了です。例えば住所や生年月日など、申し込み書に記載した内容と一致しているかどうかを聞かれる程度です。同僚が電話を受けたときでも、自分が席にいて電話を転送してもらった場合は全く同じです。
もし問題になるとすれば、たまたま自分が電話に出れないような場合です。会議中とか、出張中、あるいは休暇中などの場合です。この場合でも、電話の目的は本人が確かに会社に在籍しているかどうかの確認だけです。電話に出た同僚はおそらく、ただいま会議中ですとか、本日は出張しております、などのように答えてくれるでしょう。それだけで十分なのです。なぜなら、このやり取りだけで、本人は確かにその会社に在籍していることが分かるからです。 ローンの申し込みであることが会社に知られることはないと安心してください。