カードローンを手数料無しで利用するには

カードローンの申し込みには、原則として手数料がかかることはありません。
サイトや受付機を利用して手続きをする場合にはもちろん、郵送の際も金融機関側で切手代が予め支払われているため、通信費等がかかる心配もありません。諸費用がかかるとすれば、借入や返済に関する手続きに支払いが必要となる場合があります。
借り入れをする際に、サイトの会員専用メニューから手続きをする際には振込キャッシング扱いとなり、振込手数料については無料とされているところがほとんどです。返済についても、期日に口座から自動引き落としで支払うように手続きをすると、借り入れ同様に同様に手数料がかかりません。その代わり、利用者本人名義の預金口座を登録する必要があります。銀行カードローンの場合は、自行以外の預金口座は登録できない場合がありますし、消費者金融の場合は、銀行のグループ企業となっている場合に、所定の銀行の口座しか登録できないことがありますので、気をつけましょう。
手数料がかかるのは、借り入れや返済の手続きに提携のATMを利用する場合です。カードローンの金融機関の直営ATMであれば、利用手数料は無料となるので、できれば直営の方を利用するのがおすすめです。口座の登録ができない場合や、カードローンを利用していることを家族に知られたくない場合には、ATMの利用で手続きするしかありませんが、取り扱う金額によっては100円から200円台の手数料が必要となることがあり、随時返済で金額が大きくなる時には手数料の金額が違うことがありますので、気をつけましょう。硬貨が入らないATMの場合は、多めに支払う形になり、差額を次回の返済に充当をするか、最終回の支払いの場合は、口座を指定して振り込みをして返金することになります。
カードローンで指定された口座に振り込みをして返済する場合にも、振込手数料がかかることがあります。ネットバンキングを利用すると軽減できることがありますし、同じ銀行同士の口座取引ですと無料か、かなり安価になる可能性がありますので、検討してみるといいでしょう。